プレスリリース •  2019/06/06

コルテバ™社、ダウ・デュポン社から分離し、農業に特化したリーディングカンパニーとして事業開始

新会社は、拡大するデジタル技術に裏打ちされた2つの大きな魅力的市場 – 種子およびクロッププロテクションの世界的リーダー

証券コード「CTVA」で取引を開始

デラウェア州ウィルミントン、2019年6月3日 - コルテバ社(NYSE : CTVA)は、ダウ・デュポン社からの分離を完了し、農業に特化したグローバルリーディングカンパニーとして、農業生産者に最大の収量と収益性を得るための完結したソリューションを提供してまいります。コルテバ・アグリサイエンスは本日、世界規模で事業を開始。種子とクロッププロテクションにわたるバランスの取れた製品群と拡大するデジタル技術に支えられた、業界で最も幅広く生産的な研究開発パイプラインを有しています。

 

コルテバ普通株の分配は6月1日に完了し、各ダウ・デュポンの登録株主は、2019年5月24日の営業終了時点で保有されているダウ・デュポン普通株3株につきコルテバ普通株1株を受け取りました。合わせてダウ・デュポンの株主はコルテバの端数株の代わりに現金を受け取ります。コルテバの普通株は、本日ニューヨーク証券取引所(NYSE)において新しい証券コード「CTVA」で取引を開始します。

「本日、新しいアグリビジネス企業の発足を発表しました。当社は、農業生産者に持続可能な長期的成長と収益性向上に必要な完全なソリューションを提供することにより、競合他社に勝る位置を占めています」とコルテバ・アグリサイエンスの最高経営責任者であるジム・コリンズは述べています。「コルテバ・アグリサイエンスは、種子とクロッププロテクションを組み合わせた1,000億ドル市場の世界的リーダーです。業界で最も強力な研究開発パイプライン、世界クラスの革新を推進する力。そして多様な市場へのルートは比類なき顧客との関係をもたらしており、これらすべてが独立企業としての当社の成長を加速し、株主のための価値を促進します。当社の21,000人を超える献身的な社員は、「農業生産者と消費者の生活を豊かにし、次世代のために確実に進歩させる」という私たちの目的の達成にコミットしています。

コルテバ・アグリサイエンスは、140ヵ国以上で事業を展開し、2018年には140億ドルの純売上高を達成しました。当社は、150を超える研究施設と65を超える有効成分を有しています。「新しい、独立したアグリビジネス企業として、革新的な分野への規律ある投資に注力しており、市場を上回る有機的収益成長を達成し、投資資本利益率を向上させます」とコルテバ・アグリサイエンスのエグゼクティブバイスプレジデント兼最高財務責任者であるグレッグ・フリードマンは述べています。「2021年までに12億ドルのコストシナジーを達成するという我々のコミットメントは計画通りに進捗しており、利益を拡大する我々の計画に自信をもっています。同様に重要なのは、当社が配当と自社株買いを組み合わせて、大幅な資本を株主に還元することをコミットしていることです。」

新しい会社の名前、Corteva Agriscience(kohr-‘teh-vah)は、「心」と「自然」を意味する言葉に由来しています。ブランドは会社の歴史を礎として、農業生産者の生産性向上及び消費者の健康と福祉の実現を目指しています。本社はデラウェア州ウィルミントン。アイオワ州ジョンストンとインディアナ州インディアナポリスにグローバルビジネスセンターを配置し、カナダのカルガリー、南アフリカのヨハネスブルグ、スイスのジュネーブ、シンガポールおよびブラジルのアルファヴィルに5つの地域オフィスがあります。

 

Corteva Agriscienceの詳細は、新しいインベスターリレーションズのウェブサイト、corteva.com/investors をご覧ください。

 

Corteva Agriscience™について

コルテバ・アグリサイエンスは、世界中の農業生産者に業界で最も完全なインプットポートフォリオを提供することにより、彼らが最大の収量と収益性を得ることを可能にします。これらには農業において最も知られているブランドのいくつかが含まれます。Pioneer®、Granular®、Brevant®の種子および輝かしい受賞歴のあるクロッププロテクション製品です。一方で、有効成分とテクノロジーの強固なパイプラインを通じて、新製品が市場に投入されています。当社はフードシステムの全てにわたりステークホルダーとの連携にコミットしており、それにより農業生産者と消費者の生活を豊かにし、次世代のために確実に進歩させるという当社の約束を果たすことができます。コルテバ・アグリサイエンスは、2019年6月1日独立した公開会社となりました。それ以前は、ダウ・デュポン社の農業部門でした。詳細は、www.corteva.comをご覧ください。

Coteva Agriscienceをフェイスブックインスタグラムリンクトインツイッターおよびユーチューブでフォローしてください。

 

®™が付記された表示は、ダウ・アグロサイエンス、デュポン、もしくはパイオニアならびにこれらの関連会社または各所有者の商標です。

 

コルテバ・アグリサイエンス™

ダウ・アグロサイエンス日本株式会社

デュポン・プロダクション・アグリサイエンス株式会社

2019年6月6日

 

本件に関するお問い合わせ先

広報担当:03-3519-3349

 

 

将来予想に関する記述(Cautionary Statement About Forward-Looking Statements)

This press release contains forward-looking statements within the meaning of Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended, and Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended, which may be identified by their use of words like “plans,” “expects,” “will,” “anticipates,” “believes,” “intends,” “projects,” “targets,” “estimates” or other words of similar meaning. All statements that address expectations or projections about the future, including statements about Corteva’s strategy for growth, product development, regulatory approval, market position, anticipated benefits of recent acquisitions, timing of anticipated benefits from restructuring actions, outcome of contingencies, such as litigation and environmental matters, expenditures, and financial results, as well as expected benefits from, the separation of Corteva from DowDuPont, are forward-looking statements.

 

Forward-looking statements are based on certain assumptions and expectations of future events which may not be accurate or realized. Forward-looking statements also involve risks and uncertainties, many of which are beyond Corteva’s control. Consequences of material differences in results as compared with those anticipated in the forward-looking statements could include, among other things, business disruption, operational problems, financial loss, legal liability to third parties and similar risks, any of which could have a material adverse effect on Corteva’s business, results of operations and financial condition. Additionally, there may be other risks and uncertainties that Corteva is unable to currently identify or that Corteva does not currently expect to have a material impact on its business.

 

Where, in any forward-looking statement, an expectation or belief as to future results or events is expressed, such expectation or belief is based on the current plans and expectations of Corteva’s management and expressed in good faith and believed to have a reasonable basis, but there can be no assurance that the expectation or belief will result or be achieved or accomplished. Corteva disclaims and does not undertake any obligation to update or revise any forward-looking statement, except as required by applicable law. A detailed discussion of some of the significant risks and uncertainties which may cause results and events to differ materially from such forward-looking statements is included in Corteva’s Registration Statement on Form 10 filed with the U.S. Securities and Exchange Commission.