更新情報 •  2020/06/24

コルテバ・アグリサイエンス、農業の回復力を高める2030年持続可能性目標を発表

sustainability-carousel-1440x560-desktop

目標は、生産者、農地、地域社会および事業活動における持続可能性の取り組みにまで拡大

デラウェア州ウィルミントン– 2020年6月1日– コルテバ・アグリサイエンスは本日、世界の食料システム全体の持続可能性を前進するための10年間のコミットメントをを発表しました。目標は、生産者、農地、従業員および顧客の皆様が生活や事業を営んでいる地域社会、および自社の事業活動における幅広いイニシアチブに及びます。特に土壌の健康、農場での生産性、気候変動、ウォーター・スチュワードシップ、生物多様性、サプライチェーンの透明性および労働者の安全性の改善が含まれています。

 

コルテバ・アグリサイエンスのCEO、ジム・コリンズは、次のように述べています。 「農業界全体をリードし、より良い、より持続可能な成果を世界中にもたらすという私たちの使命は、これまで以上に重要です。食料の源を保護・保全し、地域社会の繁栄を支援するというコミットメントを発表するのに、今以上にふさわしいときはありません。私たちは、世界の人口に食料を供給している人々を支援します」。

「目標は、会社の規模と事業領域、農業へ専心および生産者や農業のバリューチェーン全体にわたる協力組織との深い関係を反映しています」とコルテバ・アグリサイエンスのエクスターナル・アフェアーズ担当副社長兼最高サステナビリティ責任者のアン・アロンゾは述べています。 「サステナビリティは、コルテバにとって新しいものではありません。本日の発表は、生産者の持続可能性を高め、農地と天然資源を保護し、地域社会を改善し、事業活動に恩恵をもたらす14の具体的で測定可能な目標を公約するものです」。

コルテバの今後10年にわたるコミットメントでは、収量の安定性向上、資材投入量の最適化および耐候性強化に役立つツールとトレーニングを提供します。コミットメントには、土壌の健康、ウォーター・スチュワードシップおよび生物多様性への取り組みも含まれています。コルテバの目標は、従業員と食品システムやより広範な農業コミュニティに携わる人々を擁護し、守ることです。コルテバは事業活動において、持続可能な革新、気候戦略の策定、持続可能な包装材料の使用、および各事業所における持続可能性への取り組みの強化を約束しています。 コルテバは、2021年に開始される年次持続可能性レポートを通じて、これらの目標の達成状況を報告します。2030年までの持続可能性目標の詳細についてはsustainability.corteva.com をご覧ください。

 

コルテバの2030年持続可能性目標には、以下の項目が含まれます。

 

生産者のための目標:

1.      2,500万人の生産者に土壌の健康、養分、ウオーター・スチュワードシップおよび生産性を向上するベストプラクティスに関するトレーニングを提供する。

2.      2030年までに累計5億人の小規模農家の生産性、収入および持続可能な農業慣行の向上を支援する。

3.       2020年の基準値に対し、生産者が持続可能な方法で作物収量を20%増加することができる管理システムを設計、検証し、規模に合わせて導入する。同時に作付体系内の温室効果ガス排出量を2020年と比較して20%削減する。

農地のための目標:

4.      2030年までに、世界の農地3,000万ヘクタールの土壌の健康を改善する。

5.      2030年までに世界の農業生産におけるウオーター・スチュワードシップの推進を支援する:2030年までに世界の農地全体の窒素利用効率改善の加速を支援する;水の消費量を削減しながら、2020年と比較して、2030年までに250万ヘクタールの種子生産および水ストレスにさらされている農地の収量の改善を支援する。

6.      2030年までに持続可能な管理手法と生息地の保全を通じて、世界で1,000万ヘクタールを超える放牧地と自然生態系の生物多様性を強化する。

 

地域社会のための目標:

7.      コルテバの施設で働く人々と農業従事者の安全を守る。

8.      2030年までに、女性の社会的地位を向上し、若者の就労を可能にし、コルテバ・アグリサイエンスの  従業員と顧客の皆様が生活と事業を営んでいる世界各地の地域社会に貢献する。

9.      2030年までに、世界中の人々と地域社会をサポートするために従業員の勤務時間の100万時間を  ボランティア活動に当てる。

10.    農業市場、食品システムおよび地域社会における透明性を通じて、生産者が付加価値を生み出せる  デジタルツールを活用することにより、生産者から消費者までのサプライチェーンの透明性を高める。

 

コルテバの事業活動に関する目標:

11.    2025年までに、確実にすべての新製品が持続可能性の基準を満たすようにする。

12.    2021年6月1日までの適切な削減目標を含め、スコープ1、2、および3の排出量に関する気候戦略を策定する。

13.    2030年までに、リサイクル可能、または再利用可能な包装資材のみの使用を実現する。

14.    廃棄物の削減、水の保全および生物多様性の強化を通じて、すべての事業所をより持続可能な形で運営する。

 


コルテバ・アグリサイエンスについて

コルテバ・アグリサイエンス は株式公開企業です。農業に特化したグローバル・カンパニーとして、世界中の 生産者に業界で最も充実したポートフォリオ(種子、作物保護製品および収量と収益性を高め生産性を最大化するデジタルソリューショ ン)を提供しています。農業において最も認知されているブランドと業界をリードする製品およびテクノロジーのパイプラインは成長の推進力となっています。“生産者と消費者の生活を豊かにし、確実に次の世代につなぐ”という当社の約束を果たすために、フードシステム全体にわたるステークホルダーとの協働をコミットしています。2019 年 6 月 1 日、独立した株式公開会社となったコルテバ・アグリサイエンスは、以前はダウ・デュポン の農業部門でした。詳しい情報は、www.corteva.comをご覧ください。

 

Corteva AgriscienceをFacebook, Instagram, LinkedIn, Twitterおよび  YouTubeでフォローしてください。

®、™ 、℠トレードマークおよびサービスマークが付記された表示は、コルテバ・アグリサイエンス、

ダウ・アグロサイエンス、デュポンもしくはパイオニア、ならびにこれらの関連会社または各所有者の商標です。

 

 

本件に関するお問い合わせ先

 

Media Contact:

Kacey Birchmier
+1 515-305-0085
kacey.birchmier@corteva.com

 

 

Investor Relations Contact:

Megan Britt
+1 302-485-3279
megan.britt@corteva.com