当社のアプローチ

お客様に関する深い知識やグローバルな視野と情報を、各地域に適用することで、農場から最大限の収穫を得ることを支援します。


作物生産性向上のための統合的アプローチ

すべては、作物の生産性を向上させるという複雑な問題を解決するためにあります。

作物の生産性に影響する要因は、種子の性能から生産高と機能性の拡大、害虫管理や収益性の最適化まで様々です。

生産者は次のような課題をやりくりしながら、持続的な作物生産性と効率性を維持する必要があります。

  • 種子の性能と生産性の向上
  • あらゆる市場状況のなかで収益性を最適化
  • 生産高と機能性の拡大
  • 雑草、病害、害虫の管理
  • 農学的性能と作業上の制約とのバランス

クリップボードを持って作物畑でかがんでいる農業従事者

Farmer checking a line of saplings in field on a sunny day

2,000名近い農業従事者を対象とする最近の調査で、75% の人が最大の関心事項としてエーカー当たりの生産性の向上を挙げました。

出典: DuPont Ag Quantitative farmer survey, 2016

当社の主な重点分野

sampleimage 育種
sampleimage バイオテクノロジー
sampleimage 作物保護
sampleimage 種子処理技術
sampleimage デジタル ソリューション
sampleimage 農学ソリューション
カラフルな作物畑を横切る農業用トラックの空からの眺め

農業従事者とエーカーごとに協力して、課題の克服、最適なキャパシティでの運用、利益の増加を支援します。統合的アプローチでこれを実現します。

当社の統合的なソリューションは、CRISPR-Cas 技術の利用によるターゲットを絞った繁殖、バイオテクノロジー、作物保護、応用種子技術、デジタル ソリューション、農学ソリューションがあります。

つるについた熟した赤いトマト

当社の主な重点分野は、高度にパーソナライズされた農学ソリューションを提供するための基盤です。当社のアプローチにより、農業従事者は農場を 1 エーカー未満のレベルまで管理できます。

ヒマワリの種のクローズアップ

次は
適切な製品を適切な場所へ、適切なタイミングで提供。