Corteva のサステナビリティ目標に関する報告

桃果樹園の労働者たち

サステナビリティ目標へのアプローチ方法

Corteva Agriscience は、サステナビリティを通じて暮らしを豊かにする 14 の意欲的な目標を設定しました。こうした目標に向けて会社としてパートナーと共にどのように成長し、前進していくかには、私たちのコミットメントが反映されています。そして、私たちは取り組み続けます。そのアプローチの基礎となるのが、サステナビリティのためのベスト プラクティス、そしてグローバル フレームワークです。

最初から共に歩む。

当社がマテリアリティ アセスメントによって生産者、土壌、および当社のコミュニティや運営に重要な問題をどのように特定したかについて詳しく解説します。目標を策定するにあたり主要ステークホルダーが担う重要な役割をご確認ください。

マテリアリティ アセスメント

私たちは総力を結集し、当社が最も大きな影響を与えられる重点分野を明らかにしました。マテリアリティ アセスメント開発プロセスの詳細をご覧ください。

 

詳細を見る

 

ステークホルダーとの関わり合い

ステークホルダーとの関わりは、私たちの目標策定の方法、責任の持ち方、そして目標達成までの道筋を決める上でたいへん重要です。サステナビリティを通じて暮らしを豊かにしていくには、ステークホルダーの存在がいかに不可欠なものであるかをご確認ください。

 

詳細を見る

 

畑で脱穀機の傍らに佇む男性

「ステークホルダーのニーズと利益を把握することは、当社の戦略にとって重要です。また、優先順位を特定し、最も好ましい効果が得られる活動を目指す場合も欠かせません。私たちが進捗を監視し、報告していくにあたってそれは同じように不可欠です」 

- Anne Alonzo 氏、Corteva Agriscience のチーフ サステナビリティ役員