更新情報 •  2021/10/04

新型コロナウィルス感染症への対応について

                                             最終更新日 2021年10月4日   

 

コルテバ・アグリサイエンスは新型コロナウィルス流行の初期より従業員とその家族、お取引先様、地域社会の健康と安全確保のため感染防止対策を実施してきました。私たちは、社内に感染症対応チームを設置しており、日々変化する状況に応じたガイドラインと対処方法を各国の危機管理チームを通じて世界中のすべての従業員に伝えています。

日本では、以下の措置を講じています。

 

感染リスク軽減策:

  •  オフィスの閉鎖(2020年4月9日より)
  •   在宅勤務の奨励とネット会議システムの活用
  •  事前承認ベースの出社許可による出社人数制限(10%の出社率)
  •  すべての海外出張の原則禁止
  •  国内出張の制限
  •  社内外の会議はオンライン会議を推奨し、対面会議の際は感染防止対策(人数制限、ソーシャルディスタンス等)を徹底の上実施
  •  症状や暴露の可能性のある従業員に自己検疫を実施
  •  オフィスへの請負業者および訪問者のスクリーニング
  • マスク着用、手洗い、3密回避の奨励
  •  支援が必要な従業員を追跡するための「I'm Okayシステム」の稼働

 

従業員サポート:

  •   従業員のワクチン接種の促進(終業時間内の接種許可、および副反応が出た際の休暇制度)
  •  産業医による毎月のコロナウィルス感染症情報のアップデートを従業員へ共有
  • リモートワーク下の従業員に向けたヘルスケアセミナーの実施(セルフマネジメント、メンタルヘルス)

 

2021年9月の出社率:10.1%

                                                    以上